為替デリバティブ 弁護士ガイド|為替デリバティブの解決方法知りたいなら

基礎知識

為替デリバティブの問題を弁護士に解決してもらう場合

為替デリバティブの問題は中小企業を中心に大きく拡大しています。
長期契約を迫られることに加えて途中解約の場合は莫大な違約金を支払う必要に迫られるのでリスクヘッジの為にと契約した方にとっては損する形になったと思います。
弁護士に違約金の支払い免除や減額を求める場合は金融ADRだけで解決できず、民事訴訟と言う形でしか解決の道はありません。
そのための弁護士です。
ですから、他の道例えば支払い期間を先送りにしてほしい・分割払いにしてほしいなどといった支払いのリスケジュールは金融ADRだけで解決できる可能性があるので弁護士が不要な場合もあります。
とはいってもこういった場合も交渉事になる事が多いと思います。
不安であればアドバイスを求めて弁護士に頼ってみるのもいいかもしれません。

急いで弁護士に依頼する必要は無い

為替デリバティブの解決=弁護士に依頼、というイメージがついてしまっている部分がありますが勿論弁護士に頼む必要がない解決方法もあります。
そういった道を模索するためにもまずは金融ADRに報告することが必要だと思います。
いきなり、訴訟となると着手金や調査費用など掛かるかもしれませんが金融ADRは金融庁が管轄している公的機関なのでお金がかかることはありません。
被害の実情を知らせるためにもまずは是非利用してみてください。


為替デリバティブ 弁護士ガイド
金融ADRと弁護士
弁護士費用について
選び方
解決事例
豆知識