弁護士費用について|為替デリバティブ 弁護士ガイド

弁護士費用について

費用がかかる事を覚悟しよう

弁護士は弁護士協会の方で料金の平均値を出していますが、基本的に料金設定は自由になっています。
そのため、どこでどれくらいのお金がかかるようになっているかは皆さんが依頼する弁護士事務所によって大きく異なってくるので注意が必要です。
例えば着手金無料と謳った弁護士事務所が解決した際の解決金は異常に高額だったりすることは良くある話です。
他にも有名な大手弁護士事務所や広告に莫大な費用をかけていそうな事務所は知名度の分費用が高い傾向にあるようです。
また、為替デリバティブ問題を解決する場合民事訴訟は銀行対企業で企業対企業の訴訟となります。
これは個人間での訴訟とは大きく異なり費用がかなりかかるものになります。
あらかじめ覚悟しておくようにしましょう。

上手く公的機関を利用しよう

弁護士費用の基本に着手金と言うものがあります。
依頼内容を解決するためにかかる費用をまずいただきたい、というもので多くの弁護士事務所ではこれが必要になってきます。
ですが金融ADRという公的機関を使えばこれを失くすことも可能です。
公的機関に頼むことで時間が多少かかってしまう事もあるかもしれませんが、弁護士事務所の着手金もそう安いものでもないので是非検討してみてください。