選び方|為替デリバティブ 弁護士ガイド

選び方

弁護士を選ぶ際は直感で

弁護士といっても全国には多くの弁護士がいますし、中でも為替デリバティブに関し経験豊富と自称している弁護士は多くいるはずです。
ためしにインターネットで検索してみても多すぎるほどの弁護士事務所のホームページが出てくることでしょう。
弁護士を選ぶ際はホームページの綺麗さや価格の安さなどで選んでも良いですが、おすすめなのはやはり一度会ってみてから決めることです。
自分の話を親身に聞いてくれる、過去どんな訴訟を行ってきたか、経験則からいうと自分はどんな状況か、などなど一度会うだけでも多くの事を知ることが出来ます。
たった30分だったとしても会う前と後ではその事務所の印象が大きく違うこともあるでしょう。
皆さんがこの人なら安心して任せられる、そう思った人に是非依頼するようにしてください。

まずはADRへ行こう

為替デリバティブに悩んでいる方の多くは違約金や支払金の減額・免除を申し出たいと考えていると思いますが、それでもまずは金融ADRに相談する事から始めましょう。
弁護士に依頼する場合、通常は調停→裁判と進む中で着手金がかかってきます。
金融ADRに相談しておけばそういったかけなくて費用を支払う必要がなくなりますのでおすすめです。
また、金融庁の方でも事態の把握のためにも多くの方に金融ADRの実状を相談してもらいたいと思っているはずです。
是非協力してあげてください。